titleimg

知って得する外壁塗装の工事の流れ!|ペイントホームズ

コンセプト費用店舗一覧口コミ塗装記事施工例ブログお見積り・資料請求
今すぐに外壁塗装価格が分かる
WEB外壁塗装費用
シミュレーション
  • 階数
見積書
  • プラン
  • プラン
  • プラン
外壁
ルッソペイムF

627,000
外壁塗装パック合計

知って得する外壁塗装の工事の流れ!

「外壁塗装?これからどんな工事がはじまるのだろう」と気になっている方もいるかもしれません。塗装工事は単に塗料を塗るだけではないのです。塗装工事には、足場の設置や高圧洗浄、下地処理、養生など、塗料を塗る以外にも様々な工程があります。ここでは、知っているようで知らない外壁塗装の工事の流れ、また工事期間がどれくらいなのかをご紹介します。


1. 工事内容(工事の流れ)

1-1 近隣挨拶

工事がはじまる前に近隣のお宅を訪問し、これから工事が始まること、工事期間などを伝えます。

塗装工事がはじまると塗装業者等の出入りで騒々しさを感じてしまう近隣の方もいらっしゃいます。このように騒音や塗料の臭いが原因で近隣の方々とトラブルを引き起こさないためにも、事前に説明をしてご理解をいただいておくことが重要です。

塗装業者の多くが近隣挨拶をしてくれますが、できればご自身で挨拶にまわることをおすすめいたします。

1-2 足場設置

外壁の上辺りや屋根の塗装は高所作業となるため、基本的に住まいの周りに足場を設置します。

高圧洗浄の水や塗料が周辺に飛散しないように、メッシュシートや飛散防止シートも併せて設置していきます。

※足場があることで外壁塗装工事の作業の「安全性・効率化」を図ることができる。足場仮設の際は鉄を叩く「カンカンカン!」というような騒音が出ますので騒音クレームが想定されます。
事前に近隣への挨拶は行いましょう。

1-3 高圧洗浄

次に、高圧洗浄という作業です。
特殊な機械を使って水を高圧で噴射しホコリや汚れ、苔などを洗い落とします。しっかりと洗浄をして、塗料と素材の結合を強いものにします。この作業は大切で下処理の一部で処理が不十分だと、塗り替え後の「剝がれ」など、不具合を起こす原因となりますので洗浄は時間をかけて丁寧に行います。




※洗い残しによる「塗膜剥離」には要注意。隅々まで丁寧に高圧洗浄を行う業者なのか、外壁塗装工事前に見極めましょう。

1-4 下地処理

次に下地の補修を行います。
下地処理とは、ひび割れの補修、旧塗膜の撤去、サビ処理剤による下地調整などです。
この下地処理、非常に重要な工程と言われています。なぜならば、下地処理が十分にできていない場合、上から塗料を塗装しても、キレイには仕上らず、場合によっては再び早々に劣化症状が表れてしまうこともあるからです。



・ひび割れの補修
ひび割れの部分にはシーリング材を充填して埋める補修を行います
・旧塗膜の撤去
主に鉄部のサビや汚れ、旧塗膜の撤去を行う作業のことをケレンといいます。ヤスリやブラシ、電気工具などを使用して作業します。そうすることで、塗装の密着が良くなります。

参考になった 0
この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。
ページ先頭へ戻る