titleimg

外壁のコーキング!気になる費用相場と注意するポイント|ペイントホームズ

コンセプト費用店舗一覧口コミ塗装記事施工例ブログお見積り・資料請求
今すぐに外壁塗装価格が分かる
WEB外壁塗装費用
シミュレーション
  • 階数
見積書
  • プラン
  • プラン
  • プラン
外壁
ルッソペイムF

627,000
外壁塗装パック合計

外壁のコーキング!気になる費用相場と注意するポイント

1. コーキングはなぜ必要?補修方法やかかる費用などを詳しく解説!

住宅の外壁に使用されるサイディングパネルやALC板のつなぎ目に使用される「コーキング(シーリング)」。コーキングとは、建物の外壁にできた隙間やつなぎ目を目地材(隙間を埋めるための充填材)で埋めて補修することをいいます。
外壁材と外壁材の隙間を埋めるゴム状のパッキンでシーリングとも呼ばれクッションのような役割を持っています。地震などによる揺れの負担を緩和するなど非常に重要な役割を持っています。他に窓まわり(サッシ)の周囲にもコーキングが施されています。

経年劣化によりコーキングもひび割れや剥離などの症状が出てきます。補修時期のサインです。ここで気になるのはやはり費用に関することですよね。
「コーキングの費用って一体どのくらいかかるの?」
今回は、気になるコーキングの費用相場や、補修方法である「打ち替え」と「増し打ち」の違いなど注意するポイントをご紹介します!ぜひ参考にしてください。

2. コーキングの役割

コーキングの主な役割は「水が建物内部に浸入することを防ぐ」、「揺れに対する負荷を緩和する」という役割があります。
サイディングボードやALC外壁の隙間を埋めるものとして使われますが、パネルとパネルの間には隙間ができます。その隙間にコーキング材をつめて、外壁から水や汚れが侵入しないようにする役割があります。
また地震などの揺れ・家自体の歪み・サイディングの収縮によって家は微かに動いています。外壁同士の隙間に充填されているコーキングには、その動きに追随し揺れを緩和させる役割があります。
他にも、壁の補修材としても広い用途で使われています。

参考になった 1
この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。
ページ先頭へ戻る