ハウスメーカーの住宅延長保証の更新は損する!?|ペイントホームズ

TOPへ
自動見積もり
0120-14-5463

ハウスメーカーの住宅延長保証の更新は損する!?|ペイントホームズ

今すぐに外壁塗装価格が分かる
WEB外壁塗装費用
シミュレーション
  • 階数
見積書
  • プラン
  • プラン
  • プラン
外壁
シリコンハイグレード

576,000
外壁塗装パック合計

ハウスメーカーの住宅延長保証の更新は損する!? 

家を新築すると、
住宅メーカーの10年間長期保証 ( 瑕疵担保責任=売却した物件に隠れた瑕疵があった場合、売主が負担すべき責任のこと ) がついてきます。 
新築して10年経過すると、住宅メーカーから無償点検があり、 その際メンテナンスの見積りが発行されます。 
その見積りの通りに有償で補修すれば、10年間保証を延長する、というのが一般的な延長保証です。

ハウスメーカーの住宅延長保証・・・そもそもどんな仕組み?

1.保証対象は、構造躯体・雨漏りのみ

住宅延長保証の対象となるのは 
①構造躯体(柱・梁などの構造耐力上主要な基礎部分) 
②雨漏り(雨水の浸入を防止する部分) の2つのみとなっています。


 この箇所は瑕疵及びその瑕疵が原因の不具合等でないとほぼ起こり得ない保証内容となっています。
 また不具合が起きやすい自然災害(台風、地震、津波、洪水)などの被害は保証の対象外となっております。 

ですから地震や台風などで、構造耐力上主要な部分である柱が傾いても屋根瓦が割れて雨漏りしても保証はされないのです。 
(自然災害による不具合は、住宅メーカーとは別で加入している火災保険や地震保険で対応が出来ます。) 

つまり、住宅延長保証の保証される内容は 「瑕疵(欠陥)住宅に対する保証」なのです。

ワンポイントアドバイス!

家が傷み始めるのは、「水」の影響を受ける部分です。 
屋外であれば屋根や外壁、屋内であればキッチン、バス、トイレといった水まわりの箇所です。
 柱や基礎などの構造部分よりも、設備部分の方が早く劣化します。

 住宅メーカーや工務店の10年保証部分の大半は、柱や基礎などの構造部分であり、キッチン、バス、トイレについては保証外が一般的です。  

水まわりの平均寿命は大体12年~15年だと言われているので、こういった部分に長期保証をつけて欲しいところですが、実際には購入後数年(1年~2年)で、ほとんどが有償での修理対応となっています。
 水まわり等の設備部分を少しでも長持ちさせるには、日頃からの手入れや点検が欠かせません。 

となれば、注目すべきポイントは無償保証だけでなく、無償点検についてもしっかりとチェックしておく必要があります。

2.では、なぜ住宅メーカーが延長保証をすすめるのか?

施主様は住宅メーカーから延長保証を促され、 保証が切れてしまうのなら… とそのまま迷わず契約をしてしまうというケースが多いです。 

そのためお客様が他と比較されることがないので、当然相見積もなくメンテナンス価格も高く設定できます。 
このことから住宅メーカーは大きな利益が出やすくなります。   

また、延長保証内容も瑕疵や、その不具合等でないとほぼ、起こり得ないような対象内容なので住宅メーカーのリスクは低くなってきます。 

安心して依頼できると思っている住宅メーカーの延長保証ですが、実は見えないところでこのようなメリットが住宅メーカーにはあるのです。

ここも注意!

また、最近ではリフォーム産業も活発になってきており、築5年を過ぎるころから外壁塗り替えやシロアリ防除業者などの勧誘が増えてきてます。
 無料点検を行い「このまま放っておくと危険です」と、とにかく大げさに不安を煽ってきます。 

そのような時はすぐに契約などせずに、他社にみてもらうか、専門家に相談されることをおすすめします。

3.メンテナンスをお得にする方法!

次世代に受け継がれていく大切なお住まい。 

住宅の「資産価値の維持」、「高寿命化」のためには定期的なメンテナンスは必要となってきます。

 住宅メーカーは保証が切れる10年を経過すると、住宅メーカーの指定するメンテナンスを有償で行うことを条件に延長保証を促してきます。 

保証延長工事は、あくまで施主様の任意で行われます。  

この保証を受けなくても問題はないのですが、住宅メーカーから 「工事をしないのであれば延長保証が受けられなくなりますよ」と言われると、 「やっぱり工事をしなければいけないのかな」という気持ちになってしまいます。 

 実はここに大きな落とし穴があるのです。 

このメーカー指定の工事というのがポイントで、専門店に依頼した場合よりもかなり割高になるようです。 

通常は15年後で良いような工事でも、安全を取って早めに行うことをすすめられます。

専門店でもメンテナンスの保証はありますし、価格面でも住宅メーカーに比べるとかなりお得となります。

まとめ

住宅メーカーは有償メンテナンス工事を必須とする「住宅延長保証」を勧めていますが、 その対象内容が
 ①構造躯体 ②雨漏り 


の2つのみで、 欠陥住宅でない限りほぼ起こり得ない保証内容となっています。

 また、不具合が一番出やすい自然災害(地震・台風・落雷)は保証対象外となっており、こちらの保証は別で加入している火災保険や地震保険で対応が出来ます。 

ですので、この延長保証を勧めてくる住宅メーカーのリスクというのは低いのです。 

住宅の高寿命のためにメンテナスは必要となりますが、ほぼ起こり得ない延長保証のために住宅メーカーの高額なメンテナンスをし続けるよりも、専門店でもきちんとしたメンテナンスの保証は付いておりますし、価格に関しても住宅メーカーに比べるとかなりお得となっております。

 このような理由から、最近では多くの方が住宅メーカーから専門業者にメンテナンス依頼を変えています。 住宅メーカーの延長保証を受ける前に、ぜひ今一度検討されることをお勧め致します。

参考になった 16
この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。
ページ先頭へ戻る