外壁塗装の費用相場を塗料別に徹底解説|ペイントホームズ

TOPへ
自動見積もり
0120-14-5463

外壁塗装の費用相場を塗料別に徹底解説|ペイントホームズ

今すぐに外壁塗装価格が分かる
WEB外壁塗装費用
シミュレーション
  • 階数
見積書
  • プラン
  • プラン
  • プラン
外壁
シリコンハイグレード

576,000
外壁塗装パック合計

外壁塗装の費用相場を塗料と業者別に徹底解説!

外壁塗装にまつわる「お金」・・・。

「最近外壁が汚れてきたな。そろそろ塗り替えを考えないと・・・」「でも、塗り替えって一体いくらかかるんだろう???」

築年数が経ってくると、気になるのが家のメンテナンスのこと。
特に家の外壁は見た目にも汚れやひび割れなどが目立つ部分ですから、そろそろ外壁塗装をした方が良いのではないだろうか?と悩んでおられる方も多いかと思います。
また、いくつかの業者にすでに見積もりを出してもらったが、何を決め手に業者選びをすれば良いのだろうか、塗装するタイミングっていつ?などの悩みでお困りの方もいるのではないでしょうか。


外壁塗装工事は決して安い工事ではなく、工事が終わってこんなはずじゃなかったと後悔してもやり直すことはできません。
できれば工事費用が安くて、優良な業者に依頼したいと考えるのが普通です。外壁塗装はどんなタイミングで?相場はいくらぐらい?業者選びはどのようにすれば良い?外壁塗装で失敗しないためには、このような疑問点について少しご自身で把握しておくと安心です。
なかには、知識がないのをいいことに、手抜き工事をしたり、相場とかけはなれた高額な工事費を請求する悪質な業者もいますので注意が必要です。


塗装知識の一つとして相場価格を知る・・・があります。
例えばスーパーのチラシを見て、「今日は〇〇が安い!」と判断できるのは相場価格を知っているからです。どこの業者に依頼するかを決める際、普段の買い物をするときのようにおおよその相場価格を知ったうえで依頼すると提出された見積書が正しいのかどうかの判断、比較ができるようになります。
外壁塗装には定価がありません。


外壁塗装の金額は家の大きさや外壁の劣化状況、さらには塗料のグレードによって大きく開きがでるため一概に“この金額が適正です”というのがないのです。


10軒あれば10通りの家の素材や劣化状態、周辺環境はそれぞれ違います。
その家にあった最良の施工をしてくれる業者にお願いしたいものです。


ではどうすれば良い業者を見つけられるのか?1社に見積もりを依頼してそのまま契約する人もいますが、それでは、依頼した業者が本当に良い会社なのかわかりませんし、見積もりが相場価格なのか?高いのか?安いのか?についても判断することができません。


その為、複数の業者に見積もり依頼をして、工事価格を比較する事が大切になってきます。何社か見積もり比較をすることで大体の相場がわかり、工事価格をある程度ご自身で判断することができます。


塗装の適正な相場を押さえておき、見積もりをするときから余計な費用が掛かっていないかご自身でチェックできるようにしましょう。


これから外壁塗装をしようと考えている人は、これだけは押さえておきたいという外壁塗装に関する知識を得た上で、業者選びされることをおすすめします。

ではどこに依頼する?

■家を建てた ハウスメーカー

大手ハウスメーカーはテレビ広告・住宅展示場など様々な営業を行っています。
“大手ならではの長期保証があるから安心。
アフターフォローもしっかりしているし、対応も良い“という満足のお声をよく耳にします。


ハウスメーカーの持つ”安心感”と”ブランド力” は大きな魅力ですね。


その一方で…“想像以上に塗装費用が高い。他の塗装業者で見積を取ってみたら、ハウスメーカーよりかなり安かった!”という声もあります。

大手のハウスメーカーに頼むメリットは、やはり大手ならではの安心感です。
全国展開しているところもあり、施工実績も豊富で、従業員の数も多く、点検や施工などの依頼に迅速な対応が可能です。


仮に担当者が代わったとしても工事情報の管理がしっかりしているので、どのような症状で、どのような工事を行ったか、また使用した建材についても業者側で把握しています。
新築で家を建てているので、外壁の面積や屋根の面積など詳細なデータも残されています。


ですから、外壁塗装や屋根塗装のみならず、どんなリフォームを依頼してもその家の築年数や劣化症状に合わせた最適な工事の提案してくれるはずです。

一方で大手ハウスメーカーに依頼するデメリットは高額な工事費用です。


元請けであるハウスメーカーは、下請け更には孫請け業者に仕事をまわすために中間マージンを上乗せしてお客様に見積もりを出します。


これが専門業者に直接頼むよりも価格が高い理由です。

■工務店

工務店は住まい全般の相談にのってもらえるというメリットがあるので、塗装だけでなく他に相談したい場合は工務店に相談しても良いでしょう。


ただし、実際に塗装工事を行うのは下請けの塗装業者ですので、工事費用は高くなります。

工務店は、主に新築工事で利益を上げるところです。
まずは外壁塗装の施工実績の確認を行いましょう。
なかには注文住宅やハウスメーカーの下請け、建売など大工工事が主で外壁塗装の経験はほとんどないという工務店もあります。

外壁塗装は決して安くはありませんので、きちんと施工してもらい次の塗装まである程度の期間をもたせたいものです。そのためにも施工実績の確認は必須です。

■リフォーム会社

外壁塗装だけでなく家の内部などのリフォームや修繕なども相談できるので塗装だけでなく他のリフォームも検討している場合は一緒に依頼できますし、話がスムーズにいくでしょう。


ただしハウスメーカーや工務店と同様に塗装に関しては下請けである塗装業者に依頼するので、工事費用には中間マージンが上乗せされるため高くなるでしょう。

リフォーム会社はリフォームのことなら何でも、という会社ですが、元々の得意分野が必ずあります。
リフォーム会社は、元々が工務店や壁紙屋、塗装屋だったところが【リフォーム全般請け負います】と形を変えて起業した場合が多いです。


工務店へ外壁塗装を頼む場合は、元々塗装屋だったところが今はリフォーム会社になっている、というところを見つけるのが理想です。そのリフォーム会社は外壁塗装についての知識や実績があるので安心して依頼できるでしょう。

■塗装専門業者

塗装専門業者は自社施工をしている会社が多く、下請けや孫請けが存在しない業者が多いので、中間マージンが発生せずに大手ハウスメーカーなどに比べると費用が比較的安くすみます。
営業に長けている業者は自分で仕事をとってきますが、大手ゼネコン、中堅ゼネコンなどの下請けで塗装工事を請負う業者も多くいます。


最終的に塗装専門業者が塗装するわけですので、価格重視の工事をしたいと考えているなら、はじめから塗装専門業者に依頼することで中間マージンが発生せず費用を抑えることができるでしょう。

基本的に塗装を専門に行い、自分たちで材料を仕入れ、施工は自社職人なので余計な仲介料がかかりません。
ですから、適正な価格で外壁塗装・屋根塗装を施工してくれます。
また地元の塗装店はその地域の気温や湿度などに詳しいので、その地域に合った塗料や塗り方を提案してくれるでしょう。
ただ外壁塗装業者は、必ず決まった資格がないとできないという業種ではないため、業者の信頼性をはかるのが難しい業種でもあります。


なかには悪徳業者が隠れている可能性もあります。


また保証期間内に倒産してしまったということもあります。
しかし、すべてがそうであるわけではなく、個人で行っている方でも、信頼できる業者はありますので、経験の長さと実績の確認は、施工業者選びの大切なポイントになります。

■格安・激安を売りにしている訪問業者に注意!

突然インターホンが鳴り出てみると「外壁の劣化が酷い。このままでは危険です」「今なら激安キャンペーンをしています」「近所の足場をそのまま使うので、お宅だけ特別に足場代は無料です」といきなり訪問してきて営業トークを始める営業マン。


これは特に注意が必要です。
塗装に詳しくないことをいいことに言葉巧みにあの手この手で不安を煽り「無料なら」「安い価格でできるなら」・・・とその場で契約を促そうとしてきます。
しかし、実際の見積もりを見てみると相場と変わらない価格だったり、酷い時には相場の価格よりも高い場合もあります。
残念ながら外壁塗装業界は、家に突然くる営業マン、即決を迫る業者、外壁塗装モニター商法を使う業者がまだまだ存在する業界であります。
勿論全ての訪問販売が悪徳業者というわけではありませんが、注意は必要です。


悪徳業者は「格安・激安」の持つお得感を利用して騙そうとしてきますので、外壁塗装を値段や値引き額だけで決めるのは大変危険です。相場が不明瞭だからこそ、外壁塗装費用の相見積りをとることをぜひおすすめします。

では外壁塗装の相場費用を塗料別に比べてみましょう。

外壁塗装の相場費用

外壁塗装の費用内訳は、主に「塗料代」「工事代(人件費)」「足場代」「利益」です。


また塗料のグレード、建物の大きさ、建物の劣化状況によって変わってきます。

※正確な費用は塗装面積を正確に計測する必要があります。

足場の相場費用!?

意外と知られていない足場の重要性!普段の生活にはほとんど馴染みのないものなので見積書に「足場」と表記してあると「必要なの?」と、わからない方も多いのではないでしょうか。

飛散防止ネットで囲まれ、足場が組まれた家を見ると、「外壁リフォームが行われているのかな」と思ってしまうでしょう。


このように、外壁工事とワンセットで考えられる足場ですが、足場には、現場の最低限の安全性と作業性を確保するという、重要な役割があります。
外壁塗装工事で、最初に行われるのが、足場の組み立て工事です。


その後続く、養生、高圧洗浄、下地処理、塗装といった、一連の作業の安全性と施工品質を維持し続ける存在となります。足場を設置する目的として、「現場作業員の安全性を高める」・「品質確保と作業効率アップ」・「近隣や通行人への配慮」などがあります。

 大切な住まいの塗り替えリフォームにおいて、足場を組むということは、さまざまな安心・安全を確保するためにとても重要なのです。

足場相場価格 【足場:仮設足場・飛散防止ネット・昇降階段】

25坪 30坪 35坪 40坪 45坪 50坪 55坪 60坪


140,000円
210,000円
160,000円
230,000円
175,000円
245,000円
185,000円
260,000円
195,000円
275,000円
205,000円
285,000円
215,000円
300,000円
220,000円
315,000円

営業マンの「足場代無料」には要注意!
飛び込み営業で足場代無料キャンペーンと称して、「近所で足場を掛けているので、今なら足場代が無料です」「ただいまキャンペーン中なので足場代をサービスします」などと言って突然営業マンが訪問してくることがあります。






しかし、通常足場の設置解体には、少なくとも2日間は必要になり、人件費や運搬費もかかってきます。


加えて、足場の組み上げには国家資格保有者が同伴する必要があるため、サービスで足場代金を多少割り引くことはあっても、無料はありえません。


足場代無料だと見せかけて、「施工費単価」や「材料費単価」など他の項目に足場代分の費用が加算されている可能性があります。


足場無料の言葉は営業トークの一部と受け止め、足場の相場費用も確認しながら惑わされることなく業者を吟味しましょう。

外壁塗装の相場価格!?

外壁塗装にかかる費用見積をお願いはしたものの、見積額の妥当性が判断できず困っているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。


気になるのは、”外壁塗装の適正価格は、一体いくらなのか”、といったところでしょう。そもそも外壁塗装価格には適正価格がなく、お住まいの大きさや劣化の進行具合、さらには選ぶ塗料によっても異なるため、一概にいくらと言い切ることはできません。


ただ、ある程度の相場価格を把握しておけば、今後どのくらいのお金が必要なのかイメージができ、提示してきた見積額が適正価格であるかの判断ができるかと思います。


ここでは塗料・坪数別で相場価格を出しています。外壁塗装をこれからお考えの方の参考になればと思います。

ウレタン シリコン フッ素 光触媒 無機塗料
25坪
580,000円
880,000円
640,000円
940,000円
720,000円
1,020,000円
770,000円
1,070,000円
790,000円
1,090,000円
30坪
630,000円
940,000円
710,000円
1,020,000円
810,000円
1,110,000円
860,000円
1,160,000円
890,000円
1,200,000円
35坪
700,000円
1,010,000円
780,000円
1,100,000円
880,000円
1,190,000円
950,000円
1,250,000円
970,000円
1,280,000円
40坪
760,000円
1,070,000円
860,000円
1,160,000円
960,000円
1,270,000円
1,020,000円
1,320,000円
1,050,000円
1,360,000円
45坪
818,000円
1,130,000円
920,000円
1,230,000円
1,040,000円
1,350,000円
1,100,000円
1,400,000円
1,130,000円
1,440,000円
50坪
870,000円
1,190,000円
1,000,000円
1,300,000円
1,100,000円
1,420,000円
1,160,000円
1,470,000円
1,200,000円
1,500,000円
55坪
930,000円
1,250,000円
1,050,000円
1,360,000円
1,160,000円
1,480,000円
1,240,000円
1,550,000円
1,270,000円
1,580,000円
60坪
980,000円
1,300,000円
1,100,000円
1,400,000円
1,240,000円
1,540,000円
1,310,000円
1,610,000円
1,340,000円
1,650,000円

外壁塗装の塗料グレード別メリット・デメリット

ウレタン樹脂塗料 【耐用年数 7~10年】

ウレタン塗料は大変高いコストパフォーマンスの塗料と言われていましたが、塗料の開発が進みシリコン塗料が普及されるようになり、次第にウレタン塗料の需要が減ってきました。


ウレタン塗料は決して耐久性に富んでいることはありませんが、塗料の中では安価ですし、考え方次第ではとても扱いやすい塗料となります。
木製素材や鉄材の着色にも向いており、プラモデルから家具・フローリング・外壁までさまざまな塗装に用いられています。
塗膜が柔らかく下地との密着性にも優れているため、付帯部(軒天・雨樋)などでよく使われています。
ウレタン材特有の光沢ある塗膜を作るので、ピカピカ光るような高級感あふれる光沢仕上げとなります。
艶に関しては、艶有り、7分艶、5分艶、3分艶、艶消しと選ぶことができます。

シリコン樹脂塗料 【耐用年数 10~15年】

迷ったらシリコン塗料・・・と言われている定番塗料であり、よく使われている塗料のひとつです。
近年、外壁や屋根などに採用される事が多くコストパフォーマンスが高いお馴染みの塗料です。
シリコン塗料は70%以上のシェアを誇り、国内で最もよく使われている塗料です。
耐水性・耐候性にも優れ、汚れを寄せつけない特性をもつなど耐久性に優れています。
また非常に安定した性質が一番の特徴で、防水・防汚・防カビ性に優れています。
このほか、シーリング材や建築保護材・医療器具などの塗装にも使われています。
値段と耐久性のバランスがとてもよく、塗装店からの信頼も非常に高い塗料になります。
高耐候性、遮熱機能、汚れにくい、艶もカラーバリエーションも豊富で塗料のグレードや商品により価格や耐久性が決まります。
ただ、シリコン塗料の中でもピンからキリまでありますので慎重に塗料を選びましょう。

フッ素樹脂塗料 【耐用年数 15~20年】

寿命がとても長い機能性塗料です。
一般的なアクリル系塗料やシリコン系塗料と比べると、雲泥の差で高い機能性効果を発揮します。
とてもクオリティが高いフッ素塗料ですが、まだまだ需要と供給が少ないという影響から価格は高めです。
フッ素の持つ高性能により、汚れや雨・紫外線に強く、耐用年数は外壁塗装の塗料の中で一番長いです。
フッ素樹脂の特性から、フッ素系塗料はアクリル系塗料やシリコン系塗料に比べ耐候性にも優れており、一度塗装すれば長期間塗り替えを行う必要がないため、長い目で見た場合のコストを抑えたい方にはおすすめです。
またフッ素塗料は、航空宇宙産業機器にも多く利用されています。
なかなか手入れができない高層ビルや、耐久力が優れていることが必須条件である航空機器で積極的に取り入れられているほど、フッ素塗料は屈強な塗料なのです。

フッ素の素晴らしさは、ご自宅で使用されているフライパンに加工されているフッ素加工が証明していますので、素人の方でも理解しやすいと思います。汚れを寄せ付けず綺麗な状態を保ち塗膜の寿命を高めます。

光触媒塗料

自然の力で汚れを落とすことができる「セルフクリーニング効果」、建物に太陽光などの熱を伝えにくい「遮熱効果」、空気中の汚染物質を酸化し、除去する「空気清浄効果」の3つが光触媒塗料の主な特徴といわれています。
その理由は、原料の酸化チタンに関係しています。
酸化チタンの特性として「超親水性」があります。
親水性とは水と物質との馴染みやすさのことで、ガラスなどに水が付着すると水滴を作りますが、親水性が非常に高いとその水が水滴にならずに薄い膜が広がります。

このことを超親水性といいます。酸化チタンは日光などの光を浴びることにより親水性が超親水性に変化するため、塗料部分に水膜ができることで静電気の発生を防ぎ、ちりやホコリが付着しにくくなるのです。
また、油や排煙(主に排気ガスなどの大気汚染)によりついた外壁の汚れは、酸化チタンにより作られる活性酸素の働きで分解されて再び浮かび上がり、雨と一緒に洗い流されます。
これが光触媒のセルフクリーニング効果であり、防汚性が非常に優れているといわれるところです。

光触媒塗料はその特性から、広い敷地に建つ日当たりの立地に建つ外壁の色が真っ白な住宅などは汚れが目立つので、特に光触媒塗料の性能を十分に発揮できるでしょう。

無機塗料 【耐用年数 15~20年】

ハイブリッド塗料とは、2つ以上の異なる特性を持つ成分を結合させてできた塗料のことをいいます。
どの素材にも長所・短所があります。
それらの素材を組み合わせることで短所を補い合い、長所を活かそうとして開発されたのがハイブリッド塗料です。
今では次世代型の機能性塗料として耐久性が高い、不燃性、汚れに強いといった無機のメリットと、柔軟性が高くクラックに強いという有機のメリットを組み合わせた有機・無機のハイブリッド塗料など様々なハイブリッド塗料が登場してきております。
寿命はありますが、無機物と有機物を配合した、塗料としては最高級の素晴らしい効果を発揮する塗料です。その一つとして超耐候性です。
外壁の塗料の中で間違いなく耐久性も耐候性も一番の塗料ですから、なによりも耐久性を求める人には最適な塗料です。
汚れにくいことも、無機塗料の特徴の一つです。特殊塗料の光触媒塗料に匹敵するほど汚れに強いのです。
ガラスやタイルを想像していただくと理解しやすいですが、無機材というのは親水性が非常に高く汚れが表面に付着したとしても雨で上手く洗い流す事が出来ます。
また、静電気が起きにくい性質がありますので、ホコリなどのゴミも寄せ付けない塗膜とする事が出来ます。
はっ水性も高いので、カビが出来にくいクリーンな外壁塗膜とする事が出来ます。

無機塗料は、有機塗料とのハイブリット塗料ですから、どんな有機塗料と混ざっているかで機能は変わってきます。

まとめ

外壁塗装で失敗してしまう例のひとつに、塗装のことを何も知らないまま一社からの見積もりだけで決めてしまい、結果として高額な費用がかかり早期に不具合が発生してしまうというケースがあります。これは、慣れない外壁塗装において判断基準がないまま契約したことで起きてしまった失敗例です。

外壁塗装を考えたときまず最初に外壁塗装の適切な相場を知ることです。複数の業者から見積もりを取ることで判断基準ができ、比較・検討することことができます。


使用する塗料も種類が豊富で性能も様々です。塗料の持つメリット・デメリットを理解し、建物にあった塗料を選ばれてください。建物に使っている素材との相性もありますし、耐久性などによって金額も変わってきます。

何より一番大事なことは外壁塗装の塗り替えを検討する際は塗料の機能を最大限に引き出してくれる、信頼できる塗装店に塗装工事に依頼することが最も大切である、と言えるでしょう。

参考になった 5
この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。
ページ先頭へ戻る