titleimg

外壁塗装の費用相場を塗料別に徹底解説|ペイントホームズ

コンセプト費用店舗一覧口コミ塗装記事施工例ブログお見積り・資料請求
今すぐに外壁塗装価格が分かる
WEB外壁塗装費用
シミュレーション
  • 階数
見積書
  • プラン
  • プラン
  • プラン
外壁
ルッソペイムF

627,000
外壁塗装パック合計

外壁塗装の費用相場を塗料と業者別に徹底解説!

外壁塗装にまつわる「お金」・・・。

「最近外壁が汚れてきたな。そろそろ塗り替えを考えないと・・・」「でも、塗り替えって一体いくらかかるんだろう???」

築年数が経ってくると、気になるのが家のメンテナンスのこと。
特に家の外壁は見た目にも汚れやひび割れなどが目立つ部分ですから、そろそろ外壁塗装をした方が良いのではないだろうか?と悩んでおられる方も多いかと思います。
また、いくつかの業者にすでに見積もりを出してもらったが、何を決め手に業者選びをすれば良いのだろうか、塗装するタイミングっていつ?などの悩みでお困りの方もいるのではないでしょうか。


外壁塗装工事は決して安い工事ではなく、工事が終わってこんなはずじゃなかったと後悔してもやり直すことはできません。
できれば工事費用が安くて、優良な業者に依頼したいと考えるのが普通です。外壁塗装はどんなタイミングで?相場はいくらぐらい?業者選びはどのようにすれば良い?外壁塗装で失敗しないためには、このような疑問点について少しご自身で把握しておくと安心です。
なかには、知識がないのをいいことに、手抜き工事をしたり、相場とかけはなれた高額な工事費を請求する悪質な業者もいますので注意が必要です。


塗装知識の一つとして相場価格を知る・・・があります。
例えばスーパーのチラシを見て、「今日は〇〇が安い!」と判断できるのは相場価格を知っているからです。どこの業者に依頼するかを決める際、普段の買い物をするときのようにおおよその相場価格を知ったうえで依頼すると提出された見積書が正しいのかどうかの判断、比較ができるようになります。
外壁塗装には定価がありません。


外壁塗装の金額は家の大きさや外壁の劣化状況、さらには塗料のグレードによって大きく開きがでるため一概に“この金額が適正です”というのがないのです。


10軒あれば10通りの家の素材や劣化状態、周辺環境はそれぞれ違います。
その家にあった最良の施工をしてくれる業者にお願いしたいものです。


ではどうすれば良い業者を見つけられるのか?1社に見積もりを依頼してそのまま契約する人もいますが、それでは、依頼した業者が本当に良い会社なのかわかりませんし、見積もりが相場価格なのか?高いのか?安いのか?についても判断することができません。


その為、複数の業者に見積もり依頼をして、工事価格を比較する事が大切になってきます。何社か見積もり比較をすることで大体の相場がわかり、工事価格をある程度ご自身で判断することができます。


塗装の適正な相場を押さえておき、見積もりをするときから余計な費用が掛かっていないかご自身でチェックできるようにしましょう。


これから外壁塗装をしようと考えている人は、これだけは押さえておきたいという外壁塗装に関する知識を得た上で、業者選びされることをおすすめします。

1. どこに依頼する?

1-1 家を建てた ハウスメーカー

大手ハウスメーカーはテレビ広告・住宅展示場など様々な営業を行っています。
“大手ならではの長期保証があるから安心。
アフターフォローもしっかりしているし、対応も良い“という満足のお声をよく耳にします。


ハウスメーカーの持つ”安心感”と”ブランド力” は大きな魅力ですね。


その一方で…“想像以上に塗装費用が高い。他の塗装業者で見積を取ってみたら、ハウスメーカーよりかなり安かった!”という声もあります。

大手のハウスメーカーに頼むメリットは、やはり大手ならではの安心感です。
全国展開しているところもあり、施工実績も豊富で、従業員の数も多く、点検や施工などの依頼に迅速な対応が可能です。


仮に担当者が代わったとしても工事情報の管理がしっかりしているので、どのような症状で、どのような工事を行ったか、また使用した建材についても業者側で把握しています。
新築で家を建てているので、外壁の面積や屋根の面積など詳細なデータも残されています。


ですから、外壁塗装や屋根塗装のみならず、どんなリフォームを依頼してもその家の築年数や劣化症状に合わせた最適な工事の提案してくれるはずです。

一方で大手ハウスメーカーに依頼するデメリットは高額な工事費用です。


元請けであるハウスメーカーは、下請け更には孫請け業者に仕事をまわすために中間マージンを上乗せしてお客様に見積もりを出します。


これが専門業者に直接頼むよりも価格が高い理由です。

1-2 工務店

工務店は住まい全般の相談にのってもらえるというメリットがあるので、塗装だけでなく他に相談したい場合は工務店に相談しても良いでしょう。


ただし、実際に塗装工事を行うのは下請けの塗装業者ですので、工事費用は高くなります。

工務店は、主に新築工事で利益を上げるところです。
まずは外壁塗装の施工実績の確認を行いましょう。
なかには注文住宅やハウスメーカーの下請け、建売など大工工事が主で外壁塗装の経験はほとんどないという工務店もあります。

外壁塗装は決して安くはありませんので、きちんと施工してもらい次の塗装まである程度の期間をもたせたいものです。そのためにも施工実績の確認は必須です。

1-3 リフォーム会社

外壁塗装だけでなく家の内部などのリフォームや修繕なども相談できるので塗装だけでなく他のリフォームも検討している場合は一緒に依頼できますし、話がスムーズにいくでしょう。


ただしハウスメーカーや工務店と同様に塗装に関しては下請けである塗装業者に依頼するので、工事費用には中間マージンが上乗せされるため高くなるでしょう。

リフォーム会社はリフォームのことなら何でも、という会社ですが、元々の得意分野が必ずあります。
リフォーム会社は、元々が工務店や壁紙屋、塗装屋だったところが【リフォーム全般請け負います】と形を変えて起業した場合が多いです。


工務店へ外壁塗装を頼む場合は、元々塗装屋だったところが今はリフォーム会社になっている、というところを見つけるのが理想です。そのリフォーム会社は外壁塗装についての知識や実績があるので安心して依頼できるでしょう。

1-4 塗装専門業者

塗装専門業者は自社施工をしている会社が多く、下請けや孫請けが存在しない業者が多いので、中間マージンが発生せずに大手ハウスメーカーなどに比べると費用が比較的安くすみます。
営業に長けている業者は自分で仕事をとってきますが、大手ゼネコン、中堅ゼネコンなどの下請けで塗装工事を請負う業者も多くいます。


最終的に塗装専門業者が塗装するわけですので、価格重視の工事をしたいと考えているなら、はじめから塗装専門業者に依頼することで中間マージンが発生せず費用を抑えることができるでしょう。

基本的に塗装を専門に行い、自分たちで材料を仕入れ、施工は自社職人なので余計な仲介料がかかりません。
ですから、適正な価格で外壁塗装・屋根塗装を施工してくれます。
また地元の塗装店はその地域の気温や湿度などに詳しいので、その地域に合った塗料や塗り方を提案してくれるでしょう。
ただ外壁塗装業者は、必ず決まった資格がないとできないという業種ではないため、業者の信頼性をはかるのが難しい業種でもあります。


なかには悪徳業者が隠れている可能性もあります。


また保証期間内に倒産してしまったということもあります。
しかし、すべてがそうであるわけではなく、個人で行っている方でも、信頼できる業者はありますので、経験の長さと実績の確認は、施工業者選びの大切なポイントになります。

参考になった 6
この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。
ページ先頭へ戻る