titleimg

こだわり超耐久性の厳選塗料|ペイントホームズ

コンセプト費用店舗一覧口コミ塗装記事施工例ブログお見積り・資料請求
今すぐに外壁塗装価格が分かる
WEB外壁塗装費用
シミュレーション
  • 階数
見積書
  • プラン
  • プラン
  • プラン
外壁
ルッソペイムF

627,000
外壁塗装パック合計

Paint Material

快適で安全な厳選塗料

塗装の専門店が
『耐久・機能性』にこだわりを持って
厳選した塗料をご提案

塗料の種類1

01

塗料の種類

+PAINT TIPE

樹脂は大きく分けて4種類あります。
耐久性の高いものから順にフッ素・シリコン・ウレタン・アクリルです。

塗料の種類1

アクリル樹脂塗料

塗替え時期:5~7年

Recommend

アパートのイメージを定期的に変えたいと思っている方や定期的な塗装が行える場合におすすめです。

Point

低価格での塗り替えが可能です。ただし、塗替え頻度が高くなるため住居者様の負担になる場合がございます。

ウレタン樹脂塗料

塗替え時期:7~10年

Recommend

できる限り費用を抑えるがある程度の耐久性を確保したい方におすすめ。

Point

耐久性はシリコン樹脂塗料に劣るものの、塗膜に光沢があり、高級感のある外壁に仕上がる塗料です。

シリコン樹脂塗料

塗替え時期:10~15年

Recommend

高耐久と価格のバランスが良く、長期間お住まいの美観をキープしたい方におすすめ。

Point

アパートの外壁塗装で人気の塗料です。汚れにくいため長期間美観を保つことができます。

フッ素樹脂塗料

塗替え時期:15~20年

Recommend

塗料の中で特に長持ちする塗料。耐久性重視の方や塗替え回数を抑えたい方におすすめ

Point

高額ですが、ほかの塗料と比べて抜群の耐久性のある塗料です。また、防汚性も高いため美しさが長続きします。

水性塗料、溶剤塗料

02

水性塗料、溶剤塗料

+Paint Based

水で溶くタイプの塗料

水で溶くタイプの塗料

アパート塗装時のクレームとしてよく出る臭いがほとんどなく、人や環境に優しい。溶剤塗料に匹敵する高性能な水性塗料が多く開発されたことによりメリットが多く外壁塗装に多く選ばれています。

シンナー等の有機溶剤で溶くタイプの塗料

シンナー等の有機溶剤で溶くタイプの塗料

シンナーなどの有機溶剤で溶くタイプの塗料。耐久性や汚れにくさ、密着力に優れ外壁より紫外線にさらされる屋根塗装にも適している。有機溶剤が含まれているため、臭いがする。

1液型、2液型

03

1液型、2液型

+PackType

硬化剤が混合

あらかじめ硬化剤が混合されておりすぐ使用できるタイプの塗料

品質が格段に向上し、2液型塗料に劣らない高耐久な1液型塗料が出ている。硬化剤を混ぜる手間がないため、施工性が良く、硬化不良といった施工トラブルがない。

硬化剤を混ぜて使用

水もしくはシンナーと硬化剤を混ぜて使用するタイプの塗料

水もしくはシンナーと硬化剤を混ぜて使用するタイプの塗料硬化剤の化学反応により強固な塗膜が作られ、耐久性・密着力に優れている。しかし、使うたびに硬化剤の計量・攪拌をキチンとしないと品質にばらつきが出てしまう。

耐候性

04

耐候性

+WeatherProof

弱溶剤2液型シリコン樹脂塗料の耐候性比較グラフ

《実際に販売されている塗料カタログのデータを表にしたものです≫

2液型シリコン樹脂塗料

同じシリコン樹脂でも耐久性の高いものから低いものまでピンからキリまであるのです。
仮に大手塗料A社の塗料で住宅1棟100万円だった場合、大手塗料C社の塗料は3倍の300万円になるわけではありません。実際の差は数万円程度だけです。

塗料の種類

水性塗料、溶剤塗料

塗料の種類

現在、数多くの塗料が開発されています。同じ樹脂でも塗料メーカーや塗料ごとに耐久性が異なります。
そのため、塗料選びには、専門的な知識が必要で、そして信頼できる業者からの塗料提案がいちばん重要なのです。

ルッソペイムF
塗料の早見表価格帯一般機能機能性寒さ暑さ対策保証期間
1~10耐久性防水性遮熱性断熱性夏省エネ冬省エネ
915~20年10年
812~15年7年
715~20年10年
612~15年7年
512~15年7年
58~10年5年
47~9年3年
37~9年×××××3年
15年×××××2年
  • 口コミレビュー
  • 価格料金表
  • 店舗検索
ページ先頭へ戻る