titleimg

アパート・ビルの外壁塗装は経費になる!?|ペイントホームズ

コンセプト費用店舗一覧口コミ塗装記事施工例ブログお見積り・資料請求
今すぐに外壁塗装価格が分かる
WEB外壁塗装費用
シミュレーション
  • 階数
見積書
  • プラン
  • プラン
  • プラン
外壁
ルッソペイムF

627,000
外壁塗装パック合計

アパート・ビルの外壁塗装は経費になる!?

1. 節税対策!知っておきたい外壁塗装の減価償却について



アパートなどの建物を不動産として所有していると、建物自体に発生するさまざまな劣化に対して修理やメンテナンスを行っていく必要があります。メンテナンスの種類は目的によってことなりますが、その中で外壁塗装は「建物を保護する」、「美観・資産価値の向上」といった役割があります。しかし戸建てと違いアパートなど建物の規模が大きくなると、メンテナンス費用は高額になります。この工事費用をどのような形で経費処理をするかによって支払う税金の額も変わってきます。いつ、どのような内容で工事をするかを慎重に検討する必要があります。建物のメンテナンスを行った場合の費用計上の方法は以下の二つに分けることができます。


・修繕費:建物の維持、管理、あるいは原状回復を目的とするもの
・資本的支出:建物の価値や性能、耐久性を向上させることを目的とするもの


事業用の建物の場合、外壁塗装にかかった費用は確定申告をする必要があります。一般的に外壁塗装は建物の維持を目的として行われるため、経費処理上は修繕費として認められる場合が多くなりますが、外壁塗装を行った目的によっては修繕費として認められないこともありますので、注意する必要があります。

2. 修繕費

修繕費は、外壁塗装の費用を一括で経費として計上する確定申告の項目です。
修繕費としてみなされるのは、塗装の目的が「建物の維持」や「回復のために修繕」等の場合です。
主な施工内容
・外観にひび割れができてしまった場合の補修
・雨漏りの修理
・建物を維持するための外壁塗装
・災害などで損害を受けた部分の補修


修繕費として認められる工事は、「修理、改良等がおおむね3年以内の期間を周期として行われること」「修理、改良等のために要した金額が20万円に満たない場合」であれば修繕費として認められる可能性があります。


※工事の金額や目的だけではどちらにあてはまるかを決めることが難しい場合もありますので、その場合は事前に税理士などの専門家に相談しておくことをお勧めいたします。

参考になった 0
この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。
ページ先頭へ戻る