外壁リフォーム!塗り替え、張り替え、カバー工法、どれがいい!?|ペイントホームズ

TOPへ
自動見積もり
0120-14-5463

外壁リフォーム!塗り替え、張り替え、カバー工法、どれがいい!?|ペイントホームズ

今すぐに外壁塗装価格が分かる
WEB外壁塗装費用
シミュレーション
  • 階数
見積書
  • プラン
  • プラン
  • プラン
外壁
シリコンハイグレード

576,000
外壁塗装パック合計

外壁リフォーム!塗り替え、張り替え、カバー工法、どれがいい!?

大切なお家を守るため定期的に行う住まいのメンテナンス・・・さまざまな施工方法がありますが、そのなかのひとつに外壁リフォームがあります。見た目がガラッと変わる美観の他に防水性能や建物保護に大きく影響してきます。

外壁のリフォームには、「塗り替え」「張り替え」「重ね張り(カバー工法)」の三種類の手法があります。

既存の外壁材の上から塗料を塗るいわゆる「塗り替え」は一般的な外壁リフォームです。
今ある外壁材を取り除き、新しい外壁材を取り付ける「張り替え」、また今ある外壁材を取り除かず、新しい外壁材を重ねて張る「カバー工法」という手法があります。


どの方法にもメリット・デメリットが存在しますので、どれが一番適しているのかは施主様のライフスタイルによって変わってきます。

例えばご家族のどなたかがこの先長く家に住まれるのであれば長期的に利用できる張り替えが好ましいですし、転勤などであと何年かしたらこの家を出る可能性がある場合は塗り替えの方が好ましいです。
また地域の災害によってどのような影響を受けるのかも考えておかなくてはなりません。 自然災害によって受けたダメージへの対応も必要です。

塗り替えの場合およそ10年に一度のサイクルで塗装時期がきます(劣化具合によってサイクルは変わります)。 3つの中では費用を一番抑えることが出来ます。 
張り替えの場合、費用は塗り替えのおよそ3倍程掛かりますが、2倍は長持ちすると言われています。
またカバー工法は他と比べると費用と耐用年数とのバランスがいいです。張替えよりもリーズナブルで、外壁が二重になるので断熱性や遮音性などに優れています。


外壁リフォームでは定期的なメンテナンスを行い、耐用年数をできるだけ延ばしてあげることが最も重要です。



ここに注意!

外壁を塗り替え…?張り替え…?そのような時、訪問販売など営業マンに以下のような話をされて悩んでいる方も多いと思います。

「外壁を張り替えれば半永久的」
「塗り替えと比べてもコストは変わらない」
「長い目で見れば張り替えの方が持ちも良くコストも良い」

まず外壁を張り替えたからといって半永久的に持続することはありません。
経年劣化によって必ず外壁材は劣化して反りや剥がれなどが何らかの不具合が出てきます。
また張り替えしたことによってメンテナンスが不必要になるわけではありません。
営業マンの言葉巧みな話術に惑わされないように、自分の家の外壁リフォームにはどの方法が適しているか、しっかり判断しましょう。


●重要なポイント
外壁リフォームの外壁のみに目を向けがちですが、実は経年劣化は外壁以外の屋根や破風板、軒天、雨樋、雨戸、シャッターなど外壁以外のメンテナンスが将来必要になることにも注意しなければなりません。

外壁リフォームについて考えるときに、重要になってくるのが施工方法です。施工方法によって費用や、仕上がり、工事にかかる期間も変わってきます。

今回はそれぞれの工法とその特徴についてお話していきます。
 

外壁リフォームの種類

雨風は砂や埃を容赦なく外壁に叩きつけてきます。
砂や埃が外壁に叩きつけられれば、もちろん傷つきますし、毎日受けている紫外線も外壁にとっては大敵です。

このように毎日ダメージを受けている外壁は、築年数がある程度経過すると外壁のリフォームが必要になってきます。その場合、まず選択肢にあがるのが外壁塗装です。

他に築年数を経たお家なら外壁の張り替えや外壁カバー工法も視野に入ってきます。外壁カバー工法や張替えは外壁の寿命が近付いてきた場合や反りやクラック、割れなどの致命的な不具合が発生した場合に行います。

最もリーズナブルな外壁塗装

費用面で一番安く外壁をリフォームできるのが塗り替えになります。

建物の外壁状態が良く、補修可能な場合に行うメンテナンスで、 日々ダメージを受け続けている外壁のさまざまな機能、防水性と美観を回復させてくれます。

塗料には様々な種類があり、親水性の高い塗料や防カビ塗料、断熱塗料、遮熱塗料など、機能的効果を発揮させる塗料を選定すると、今までの外壁サイディングには無い素晴らしい効果を得る事が出来ます。外壁の長持ちにもつながりますので、とても理想的です。

クラック(ひび割れ)などがある場合、補修した上で塗り替えを行います。
塗り替え時期は塗料の耐用年数や種類にもよって異なります。
他に塗膜性能の低下、剥がれや膨れ、鉄部のサビや木部など大半の場合が塗り替えで解決できます。塗装することで塗膜をしっかりさせサイディングの素材を守る事ができ、雨水が壁や天井に浸透しにくくなりますので、 長期間省エネ効果を発揮させる事が出来る理想の家とする事ができます。
 また塗膜表面がしっかりしていると、外壁に付着しようとする汚れを浮かせて雨などで洗い流す事が出来るセルフクリーニング効果を発揮させる事が出来ます。 


外壁の状態や症状を見て塗装の時期が来たときには、そのタイミングを逃さずにしっかり塗装のメンテナンスをしましょう。


メリット

・他の工法に比べて施工費用が安い。
・工期が短い。
・使用する塗料によっては長い耐用年数も期待できる。
  
デメリット

・補修不可能な損傷がある場合は施工できない

費用と耐用年数のバランスがいい外壁カバー工法

建物の外壁の強度は保っているものの、そろそろ寿命という場合に行う外壁リフォームがカバー工法です。
家に住みながらの施工が可能で、張り替えリフォームと違って既存の外壁を取り除く必要もありません。
下地材が腐食していないか確認するために、土台や軒下に近い所を剥がすことはあるものの、基本的にはそのほかの大部分は残したまま、新しい外壁を張りつけます。
このため、外壁の解体や撤去・処分にかかる手間や費用は発生せず、張り替えリフォームと比べると、工事の期間・費用を削減できます。


外壁材を重ねることで、壁と壁の間には空気の層がつくられます。 この空気層が、水分を含む暖かい空気や冷たい空気などを遮断するため、夏は涼しく冬は暖かい室温をキープできます。冷暖房にかかる光熱費の節約にもつながります。

また、外壁が二重になることにより、遮音性も高くなる可能性があります。車両の走行音など、屋外から聞こえてくる騒音が室内に伝わりにくくなれば、より静かで快適な生活が望めるでしょう。


しかし、基本的に建造物は重さを考えて設計していますので、あとから想定外の重さが加わるのは家への負担が大きくなります。壁の重量が増すため耐震性が落ちることが懸念され、重量のある建物ほど地震で揺れやすい傾向があります。外壁の重ね張りを行うときには、外壁材の重さも配慮しておきたいポイントです。


また、外壁の劣化状況によっては重ね張りでは対応できず、下地のメンテナンスが必要となる場合があります。
また外壁の重ね張りを行うと、壁の内側に結露が発生することがあります。原因は、外壁の内と外に生じる気温差、そして既存の壁と重ね張りをした外壁の間の湿気です。そのような可能性を理解してきちんとした知識・経験を持ち、施工もしっかりとしてくれる業者に依頼しましょう。


 メリット


・張り替えと同程度の耐用年数が期待でき、張り替えに比べると工期が短く施工費用を安く抑えることが出来る
 ・内部の防水シートなどもメンテナンスできるので、外壁からの雨漏りを止めることができる
・既存の壁を撤去しないため廃材がほとんど発生せず、撤去費用がかからない
・重ね張りすることによって壁の層が厚くなるため、断熱性や遮音性が増す


デメリット

・外壁に不具合があり、強度が不足している場合には施工できない
 ・重量のある外壁材の上に「重ね張り」すると重くなりすぎて、耐震性に影響してしまう
・壁の内側に結露が発生することがある

外壁内側の防水紙などもメンテナンスできる外壁の張替え

張り替え・・・古くなった外壁材を全て撤去する事で、外壁が新品となり綺麗な建物へと生まれ変わります。


外壁張り替え工法とは、既存の外壁材を解体、撤去し、下地部分を調整してからサイディングボードなどの新しい外壁材を施工するリフォーム方法です。外壁部分を新品に交換することができるため、住宅の雰囲気を変えたり、断熱性や防音性を高めたりといった効果が得られます。
また、外壁材を撤去してから施工を行うため、外壁の傷みによる雨漏りで発生した下地部分の劣化を修繕したり、断熱材を交換して断熱性能を取り戻したりすることができるのも張り替え工法のメリットです。既存サイディングを剥がす事で壁内部の状態を確認出来ますので、断熱材やカビの状態などを把握する事が出来ます。補修を行う事で、良好な壁を復活させる事が出来ます。

建物の構造にもよりますが、外壁材を自由に選ぶことができますので、大幅なイメージチェンジが可能です。


一方で、既存のサイディングを全て解体撤去するため、解体撤去費用がかかってしまいます。解体手間、運搬処分などの大きな費用を準備する必要があります。廃材を処分するだけで大きな金額となってしまう事もあります。
また既存サイディング撤去の際に、どうしても騒音や粉じんが発生してしまいます。
軽度ではありますが、日中の住宅地などでは音が響いてしまいます。
騒音対策についても考えておく必要があります。


メリット

・外壁を丸ごと張り替えるので長く安心して暮らすことができる。
・また内部の防水紙などもメンテナンスすることができるので、外壁が原因の雨漏りを改善する事が出来る
・壁の中のカビや断熱材の不具合を改善出来る
・既存の外壁材を撤去して新しい外壁材を設置するため、重量増加が起こらず、耐震性を維持したままリフォームを行うことが出来る。


デメリット

・処分費や解体費、人件費等解体撤去費用が追加でかかるため、施工費用が高い。
・施工期間が長い
・コンクリートやモルタルの外壁の場合は張り替え出来ない。

外壁材別

毎日の紫外線や雨風、暑さ寒さに晒され、排気ガスやホコリなどの影響を受ける外壁。
耐候性のある塗装がされていても、その効果は永久的ではありません。同じ外壁材でも立地や家の形状、気候、外壁塗料の種類などによって状態は違ってくるため、最適なメンテナンス周期は様々です。

サイディングにはさまざまな質感や色の商品がありますから、家の外観デザインやイメージに合わせて選ぶ楽しみがあります。色はシンプルなモノトーンからカラフルなもの、質感や模様はタイル調やレンガ調、木目調のものなど多彩です。複数の色や質感のサイディングを使えばデザインのバリエーションも広がります。

一般的なモルタルを塗る場合に比べて、乾式工法のサイディングは工期が大幅に短くなるため工事費用を抑えることができます。また、デザインが豊富で、製品の品質が安定していることも大きな特長です。そして、重要なのが軽さです。モルタルに比べ、窯業系サイディングの重さは2分の1以下、金属系サイディングは約10分の1です。軽い方が建物への負荷を減らせますし、耐震性も上がります。

窯業系サイディング

セメントを主原料に繊維質原料を加えたものでデザインやパターン、カラーラインナップがとても豊富です。
シンプルな柄からタイルやレンガ、石材調のものまであります。

窯業系サイディングの1番のメリットは「バリエーションの多さ」・「コストパフォーマンスの良さ」です。

窯業系サイディングの寿命は約30~40年と言われています。
サイディング自体は劣化しにくい外壁材ですが、目地のコーキング部分がひび割れたり剥がれたりするため、定期的なメンテナンスが必要です。
窯業系サイディングボード自体には防水機能が無く、表面を塗装することで防水機能を持たせています。
新しく窯業系サイディングを施工してから約30~40年以上が経過すると、劣化が進行するためサイディングボードの張り替えか重ね張りを検討する必要が出てきます。


価格は性能を高めた高価な商品もありますが、総合的に他の外壁材と比べて安価で施工費も安く、選択の幅が広いことで、様々なニーズに応えることができます。


メンテナンス

サイディングの隙間にある「シーリング材」の打ち替えを行う必要があります。
ただし、シーリング不要の製品であれば、メンテナンスは約20年に1回程度で済みます。

金属サイディング

金属サイディングの中で現在最も多く普及しているのは、アルミニウム・亜鉛・シリコンで構成した「ガルバリウム鋼板(こうはん)」です。
従来のトタン板よりも耐久性が高く軽量なのが特徴で、断熱性の高さは窯業系サイディングの約5倍といわれています。インクジェットプリントなど塗装や加工の技術が進んだこともあり、最近、注目を浴びているのが金属サイディングで、現在では窯業系サイディングのようにレンガ調やブロック調のものも増えました。また、金属なので浸水する心配もなく耐天候性もあるため、特に寒冷地での使用にぴったりです。

金属サイディングは木質系や窯業系のサイディングのようにひび割れ等の心配がなく耐久性が高い外壁材で、金属サイディングの寿命は約40年と言われています。長期間メンテナンスの必要がないのもメリットです。
メンテナンスが必要な周期も他の外壁材よりも長く約10~15年とされていますが、定期的に表面の汚れを水洗いするクリーニング作業や金属部分の錆を除去する作業が必要です。


メンテナンス

塗装やシーリングのメンテナンスを行います。
金属なので凹みや傷にも注意が必要です。
約30年の寿命を迎えると、金属サイディングも他の外壁材と同じく張り替えか重ね張りを検討します。その際金属サイディングは軽量であるため、窯業系サイディングとは異なり重ね張りが可能です。

樹脂系サイディング

樹脂系サイディングの原材料は、ほとんどが塩化ビニールです。
日本ではあまり知られていないのですが、アメリカでは外壁材全体の50%超のシェアを誇っています。
独特な仕上がりで、好みが大きく分かれる外壁材でもあります。

樹脂で成型しているため劣化・変色がしにくく、耐久性、耐塩害性、耐凍害性などに優れています。
 塩化ビニール樹脂は、腐食やひび割れが起きにくく、燃えにくい性質があります。
また、サイディングボードそのものに色がついているから塗装しなくて良く、耐久年数がメーカーによっては約30年と言われるほど長いです。また、軽いので施工しやすいのもメリットです。

外壁材にメンテナンスが必要になる主な原因は、「表面処理(塗装)」や「目地部分のシーリング材」の劣化なのですが、樹脂系サイディングの原料となる塩化ビニル樹脂は耐久性や対候性に優れているので、表面処理(塗装)を施す必要がないので、正しく施工された樹脂系サイディングにはメンテナンスの必要がほとんどないようです。


メンテナンスの必要がない樹脂系サイディングですが、他の外壁材と同じように経年変化による退色は避けられません。
ただし、色のバリエーションが少なく施工実績のある業者が少ないという点があげられます。

木質系サイディング

木の温もりを感じたい…という人は、都市部では多いかと思います。

他の素材にはない温かみのある印象の家に仕上げてくれるからです。独自の印象を持たせることができるだけでなく、手入れをしながら木の色合いが深まっていくのを楽しめるのが木質系サイディングの特徴です。

ただ昔ながらの木質壁は、防火性に劣るので都市部の防火地域では使えないという欠点がありましたが、最近では木の質感をそのままに防火性・施工性を高めた木質系サイディング壁が人気を集めています。


古くから日本の住宅の外壁と言えば板張りでした。
しかし木材の欠点として、防火性能が無いということがありました。都市部のほとんどの地域では、外壁など延焼のおそれがある部材は防火構造(または準防火構造)にしなければなりません。
したがって燃えやすい木材は、外壁には使えなかったのです。しかし建築基準法改正により、一定の条件を満たせば、外壁に木材を張っても防火性能があると見なされるようになりました。木の質感に癒しや温もりを感じるところが人気のようです。


とても魅力的な木質系サイディングですが、デメリットはそれなりにあります。

日当たりの悪い場所や水はけの悪いところでは湿気により腐朽するリスクがあるので、木材表面の劣化を防ぐために、塗装の塗り替えが必要です。一般的な窯業系サイディングよりもこまめなメンテナンスが必要になります。


家の立地条件により使用可能かどうか、判断するようにしましょう。

モルタル外壁

現在のようにサイディングが人気を集める前は、モルタル塗装で外壁を仕上げている住宅が多数を占めていました。
モルタルのセールスポイントは、何と言っても継ぎ目のない美しい仕上がりです。
サイディングボードのようにつなぎ目が無いため、シーリングの劣化を気にする必要がありません。
モルタルは砂とセメントと水を混ぜてつくられた半固形の材料で、コテで塗りつけて外壁を作っていきます。
モルタルはサイディングとは違い、職人自身が塗装を施すため、様々なデザインを作ることができます。波模様をつけたり、型をくり抜いたり、タイルを貼り付ける等々、外壁そのものをデザインすることはモルタルにしかできないことです。
ただしモルタルは防水性が劣るというデメリットがありますので、防水効果のある塗料を塗布するなど、こまめなメンテナンスが必要です。メンテナンスを怠ると、モルタル材が剥がれて浮いてきたり、細かな亀裂、深いクラックが生じるようになります。

モルタルからサイディングへ変更したい場合もコストを抑えるためにモルタルの上からサイディングを重ね張りするケースが多いようです。
尚、モルタルにサイディングを重ね張りする場合には、軽量な金属サイディングを使用します。


注意! 外壁には張替えできる外壁とできない外壁が存在します


現在、お家の主流となっている窯業系サイディングや最近、シェアを伸ばしてきている金属サイディングの張り替えは可能ですが、モルタル外壁は塗り壁であり、パネルやボードではありませんから、張替えは不可能です。
モルタル外壁を解体・撤去してから、窯業系サイディングや金属サイディングで張り替えることになります。



外壁リフォームの費用を安く抑える方法とは・・・

外壁の張り替えリフォームを行う場合、破損の原因が自然災害の場合は火災保険の適用を受けることができることをご存知でしたか。



外壁の損害が自然災害や事故によるものであれば火災保険が適用される可能性があります。もし、台風や地震等で外壁が破損し、修理を兼ねてリフォームを行う場合にはご加入の保険会社に連絡し、火災保険が適用されるかどうか調査を依頼すると良いでしょう。
また、自治体によっては住宅リフォームについての補助金制度が実施されている場合もあり、上手に利用することで費用を抑えることができます。

外壁のリフォームには対応していない場合でも、適用となるリフォームと組み合わせることで費用を抑えられることもありますので、リフォームをお考えの方はお住まいの地域の役所等まで問い合わせてみてください。


※火災保険は事故や災害による被害を補償するための保険ですので、「災害に関係がなく、建物の価値を高めるためのリフォーム」である外壁塗装は補償対象ではありません。

まとめ

外壁リフォームには、費用の安い順に「塗り替え」―「重ね張り(カバー工法)」―「張り替え」の3つの方法があります。今ある壁に塗装する「塗り替え」を定期的に行うことで、お家の寿命を延ばせます。
ただし、外壁の崩れや腐食が発生している、サビがひどい、穴が空いているというように、外壁に補修不可能な不具合が生じている場合には、「重ね張り」または「張り替え」をおすすめします。外壁材の寿命や、あとどのくらい今のお家に住むのか…なども考慮し、適切なリフォーム方法を選択しましょう。


どの施工方法がよいのかご自身で判断できないときや費用面が不安な場合などは、外壁のリフォーム経験豊富な業者に現地調査してもらうことをおすすめします。外壁工事のプロであれば、劣化具合や予算なども考慮しながら、適切なリフォーム方法を提案してくれるはずです。

大切な住まいを守る上でも重要な外壁リフォームは、ぜひとも納得できるプランで施工してくれる業者にお願いしましょう。

参考になった 1
この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。
ページ先頭へ戻る