titleimg

外壁塗装や屋根塗装の見積書の見方ポイント8か条|ペイントホームズ

コンセプト費用店舗一覧口コミ塗装記事施工例ブログお見積り・資料請求
今すぐに外壁塗装価格が分かる
WEB外壁塗装費用
シミュレーション
  • 階数
見積書
  • プラン
  • プラン
  • プラン
外壁
ルッソペイムF

627,000
外壁塗装パック合計

外壁塗装や屋根塗装の見積書の見方ポイント8か条

「安心と安らぎの家」を長くキレイに保っていくために最適なメンテナンス・・・。


家の顔ともいえる「外観」。
夏は梅雨、高い湿度と強烈な太陽、それに台風。冬は乾燥し強い寒風に晒されます。一番のダメージを受け続けている家の外壁・屋根。常に厳しい環境下にあるため、外壁・屋根はもっとも傷みが進みやすい箇所といわれています。


そろそろ『塗り替え時期かな?』どの業者に依頼したらよいのか・・・?


そもそも外壁塗装はどれくらい費用がかかるの?
いざ見積りをとってはみたものの、
「見積り書の見方がわからない」
「相場がわからないのでこの見積書が高いのか安いのかわからない」
「どの業者を選べばいいかわからない」
外壁塗装をご検討されてある方で、このような悩みで外壁塗装になかなか一歩踏み出せないという方も多いのではないでしょうか。
一般的に10~15年に1度と言われている外壁塗装。決して安い費用ではないため何度もできる工事ではありません。そこで見積書を判断する際、チェックしていただきたいポイントがあります。このチェックポイントを押さえておけば見積書が適正であるか、またその後の業者選びに役に立ちますので一つ一つ確認していきましょう。

1. 見積り書のチェックポイント!










1-1 見積り金額は適正価格か?
1-2 仮設足場代
1-3 メーカーの施工仕様の塗り回数
1-4 使用される塗料メーカーや商品名が記載されているか
1-5 下地処理
1-6 工程ごとに細かく書かれているか
1-7 付帯部の材質に合わせた塗料を使用しているか
1-8 保証の記載があるかどうか

1-1 見積り金額は適正価格か?

外壁塗装の見積り書をチェックする際、多くの方が気になるのが、「見積り項目ごとの金額、合計金額は適正価格であるか」

一般的に外壁塗装は費用がわかりづらい工事の一つとされています。業者ごとで見積金額が違ってくるという費用が不明瞭な工事なんです。

外壁塗装の価格を決めるベースとなるのは『面積』です。しかし、実際の外壁塗装の見積書をみると、大雑把な面積しか記載していなかったり、そもそも面積に基づいていなかったりするものも少なくありません。
同じ建坪や階数であっても、窓が多ければ、その分塗装する部分が減るので安くなるといったように、どの建物でも外壁の面積は異なります。

見積書には『数量』と『単位』の欄があります。 外壁塗装では、数量の欄に床面積、単位の欄には『㎡(平米)』が記載されているはずです。この機会に建築図面などの書類を見直して、ご自分で塗装面積を計算してみるのも良いかと思います。

  面積(数量・単位) × 単価 = 金額  ※1m×1m=1㎡で計算されます

チェック!
見積もりを作成する際に必要な建物の情報(素材・面積等)を確認する為、建物の診断を行います。診断時に目分量で測定を行っていたり、屋根に上がらず状況を確認しないまま診断を終わっていたりする業者は要注意です。塗料の塗布量などを算出する為に必要な施工面積を正しく算出できない可能性があり、またそのような形で出した見積もり金額も適正価格とは言い難いです。外壁診断を行うと外壁の現状がわかるのはもちろんのこと、今後どのようなメンテナンスがどれぐらいの時期に必要なのかなどもわかります。手を抜かず丁寧に診断を行っている業者を選ぶようにしましょう。

1-2 仮設足場代

外壁や屋根の塗装を行う際に必ずと言って良いほど必要となってくる足場。
足場には、現場の最低限の安全性と作業性を確保するという、重要な役割があります。塗装作業は、同じ場所を何度も塗り直しながら進めていきますので、足場がないと質のいい作業をすることはできません。塗装工事というとどうしても塗装の色や塗料をどうするかの方に目が行きがちになりますが、塗装作業の基本となる足場はとても重要となってきます。

塗装工事の足場費用は、足場を掛ける面積1㎡あたりの単価をもとに算出するのが一般的です。
足場を掛ける面積とは、「足場の外周の長さ×足場の高さ」です。
一般的に2階建住宅の塗装工事を行う場合には、「くさび式足場」と呼ばれる足場が使用されますが、足場には他にも「枠組み足場」や「単管足場」などの種類があり、足場の種類によって費用が異なります。 3階建の住宅の場合には「枠組み足場」を使用するため、費用が若干多くかかります。
足場は一般的な2階建住宅の場合、組み立てに1日、解体に半日程度かかります。 敷地が狭くて隣の家との隙間が狭い場合や、道路と敷地に高低差がある場合、また敷地の前面道路に足場の運搬車両が駐車できない場合など、建物の立地条件によっては手間賃が余分にかかってしまうので、割増費用が発生することがあります。


【くさび式足場】
ハンマーを使って、ブラケットを差し込んで組み立てていく足場です。
単管ブラケット足場に比べて、足を乗せる板が幅広く、ハンマーでガッチリ固定して組むので、揺れも少なく住宅用の足場の中では、一番作業しやすいといえる足場です。
設置や解体が簡単で耐久性が高く、コストパフォーマンスに優れた足場ですが、場所によっては設置できません。


【枠組み足場】
もっともオーソドックスな足場で、本足場や棚足場として使用されます。 組み立てや解体に比較的手間がかからず、軽くて強度が高いので非常に安全性に優れています。 脚注ジョイントやジャッキ型ベース金具、床付き布枠、交さ筋かい、建枠などの部材からなり、橋梁工事や建築工事用として幅広い現場で使われている足場です。


【単管足場】
単管という丸いパイプを2本抱き合わせて組み立てる足場です。
パイプ2本の上を足が乗るので、作業中も意識して作業しないと、パイプとパイプの間に足を滑らせてしまう難点があります。幅や布の高さが任意に調整できるので、幅が狭いビルの間など、狭小地の工事で用いられます。


【単管ブラケット足場】
単管パイプにブラケットという金物をつけて、足場板を敷いてその上で作業する足場です。
単管足場がパイプだけなのに対して、単管ブラケット足場は足を乗せる板があるので、バランスがとれて作業しやすい特徴があります。

他にも脚立足場・丸太足場などがあり、種類によって金額もかわってきます。


ここに注意!
一般的な外壁塗装を行う際に、足場費用が占める割合は工事費全体の2割程度になるほど高額です。 決して安い費用ではありません。 足場は工事が終わると解体してしまって後に残らないものなので、できれば安くすませたいものです。 しかし足場工事の人件費と足場資材は、安全で高品質な外壁塗装をするうえでは必要不可欠です。
足場費用の内訳には、足場の材料を運ぶ運搬費をはじめ、足場を組む施工費、解体費等が含まれています。ということは、必ず人件費がかかっているという事です。その足場代を無料にしますと言ってくる業者は別の項目にその分を加算されていることが考えられます。足場代だけではなく、他のものに関しても、「サービスです」と言ってくる業者は別の項目に加算されていることも考えられるので注意が必要です。



1-3 メーカーの施工仕様の塗り回数

塗料(とりょう)とは、対象物を保護・美装、または、独自な機能を付与するために、その表面に塗り付ける材料のことです。
塗料も目的によって様々な性質のものがあり、防錆用に耐候性に優れ厚い皮膜を作るものから、装飾用に耐光性に優れ発色良く光沢ある表面に仕上がるもの、艶消しなど特定の性質を持つものなど様々です。
これらには各々得手不得手があり、その目的に添って使い分け、或いは重ね塗りが行われます。また適切に重ね塗りすることで、単一の塗料では得られない強固で見栄えの良い塗装を行うことが出来ます。
外壁や屋根の塗装を施工するにあたっては、一般的に下塗り、中塗り、上塗りと三回塗りが基本です。一度全体を塗ってしまえば終わりと思ってしまいがちですが、実は一度塗っただけでは紫外線や雨に耐えられる丈夫な塗膜(塗料による保護膜)は出来上がりません。しかし塗料を節約するために下塗り、上塗りの二回だけで終わらせようとする業者もいます。ただ、すべての作業が終わった後に「その外壁はいったい何回塗っているのか」というのはプロでも判別が難しいほどです。中塗り塗料と上塗り塗料は同じものを使用するというのが多く見られる工法ですが、これだと素人が見ると二回塗ったことがあまり分からないのが現状です。そこで三度塗りそれぞれで使用する塗料の色を変えている業者もあります。そうすることによって、手抜き工事を見抜けるようになります(そのようにして塗り忘れを防止する業者さんもいます)。ただし、あまりにも違う色の塗料を選んでしまうと、経年劣化に伴って上塗り部分が剥離して中塗りの違う色の部分が見えてしまうこともあるため、同系色でなおかつ若干異なる色を選ぶことがお勧めです。
基本的に外壁や屋根に塗る回数はメーカーの規定を守りしっかり塗装をすることで以下のような効果が得られます。
・塗料の期待耐久年数を発揮できる
・塗膜が剥がれにくくなる
・防カビ、防水などの塗料が持つ効果を十分に発揮できる

但し、下地の劣化状況、仕上げの種類、使用する塗料によって4回以上塗る場合もあります。


ここに注意!規定回数以上の塗りは逆効果
塗料にはメーカーの施工仕様書により決められた塗り回数がありますので、それ以上塗り回数を増やすのは逆効果となることもあるので注意が必要です。塗り回数を増やせば塗膜は厚くなりますが、建物内部の水蒸気を外に逃がすことができなくなり壁内に湿気がこもってしまいます。そして、壁内の断熱材が水分によって下に落ちてしまい本来の断熱性を保てなくなることが発生します。壁内に湿気がこもると内部結露が起きて、壁内部にカビが発生して衛生的にも良くありません。
また塗料の使用量はメーカーの施工仕様書によって厳密に決められています。塗装と塗装の間は4時間以上の乾燥時間をとることが指定されており、工事当日の天候によって、時間のとり方には調整の余地があります。また希釈率も、塗装方法によって細かく指定されています。価格だけで選ぶのではなく、施工仕様書通りにきちんと施工する会社を選びましょう。

1-4 使用される塗料メーカーや商品名が記載されているか

一般的な見積書では、施工箇所ごとに使用する塗料名が記載されています。
もしくは、1液や2液、油性(溶剤)水性など塗料の成分が記載がされています。見積書にシリコン系塗料など、グレードしか示されていない場合は、シリコンの中でも耐久年数の低い塗料を使用する可能性があるので注意が必要です。使用する塗料で耐久年数も変わってきますので、グレードを確認しておかれると安心です。優良な業者ですと使用塗料の缶数まで記載してあります。
 また施工箇所ごとに適切な塗料を使用しているかのチェックも必要になってきます。耐用年数が異なる塗料を同じ家のあちこちへ使うと、当然ランクが低い塗料を使用した部分が先に剥げてきたり早い時期に劣化してきます。次回の塗装がある程度同じ時期になるような塗料の選定をしているかの確認も必要です。屋根材にも外壁材にも耐用年数があります。雨樋や破風、木部また鉄部など付帯部分の箇所を確認した上で、メンテナンスサイクルを合わせられるよう使用塗料の耐用年数を考え選ぶ必要があります。

参考になった 2
この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。
ページ先頭へ戻る