塗装工事後の色のイメージ違い|屋根・外壁塗装業者のペイントホームズ

TOPへ
自動見積もり
0120-14-5463
今すぐに外壁塗装価格が分かる
WEB外壁塗装費用
シミュレーション
  • 階数
見積書
  • プラン
  • プラン
  • プラン
外壁
シリコンハイグレード

504,000
外壁塗装パック合計
役立つ塗装知識

そろそろ我が家の屋根や外壁も塗り替えの時期...「でも、どうしてよいか分らない...」「悪徳業者だったらどうしよう...」「どの業者を選んで良いか分らない...」など、お客様からよく聞くお言葉です。塗装についての知識なんて、一般の方にはないのが普通です。しかし、そこにつけ込む悪徳業者が存在することも事実です。ここでは「騙されたり」「失敗ないため」に、役立つ塗装の知識をご紹介しております。塗装の専門家である私たちペイントホームズが、少しでもお客様のお役に立てれば幸いです。ぜひ、ご活用下さい。

読んで得する知識や記事!
役立つ塗装辞典

ここでは塗装のプロである私たちペイントホームズが、塗装専門店だから分る塗り替えの基本や基礎から「読んで得する」知識や特集など、様々な視点でご紹介していきます。是非、ご活用下さい。

- paint Dictionary -

CONTENTS
塗替え工事後の色のイメージ違い

カラーコーディネートが難しいと感じる三つめの理由にもあげられましたが、外壁塗装でよく起きるトラブルにあるのが「できあがってみたら思っていたイメージと違った...」というのもよくあります。これは、多くの原因は「面積効果」です。

面積効果とは、同じ色でも面積の違いによってその見え方(明るさや鮮やかさ)に変化が出るものです。つまり、色見本(サンプルやカタログ)で選んだ色が実際に塗り替えた後では異なる色に見えることです。実際に塗り替えた後では明るく鮮やかに見えます。

このような「面積効果」によるトラブルを防ぐ方法があります。まずは、明度と彩度をイメージよりもワンランク下げるということです。面積効果は、実際にイメージしているよりも明るく鮮やかに見える場合が多いです。予め明るさ(明度)と鮮やかさ(彩度)を好みのイメージよりもワンランク下げておくのがお勧めです。こうすることによって、実際に塗替え後の見え方がイメージしていたものと近いものになります。もう一つは、「試し塗り」をするという事です。

試し塗りとは、本格的に塗装工事を始める前に1㎡程度のスペースに試し塗りに塗って色の見え方を確認することです。

カタログの数センチメートル四方の色見本では面積効果でまったく見え方が違うことがありますから、施工前にチェックしておきましょう。この時、光の当たり具合でも色の見え方は変わってくきます。朝と夕方でも見え方が違います。

また、色の性質でもそれぞれ見え方に特徴があります。
例えば...

明るい色...軽い、膨張して見える。

暗い色...重い、縮小して見える。

暖色...膨張して見える。

寒色...縮小して見える。

このように面積効果によるトラブルと色の見え方の特徴を知って試し塗りをすると出来上がりのイメージとの違いを防ぐことができます。

ページ先頭へ戻る

本当にお客様に「安心・ご納得」して頂きたいという想いから、お見積りを2社以上から取ることをお勧め致します。

相見積もりを取る時のポイントは『条件を同じ』にするという事です。工事内容や塗料で価格も大きく変わってきます。分らない事は他社様の事でも構いませんの何でもお気軽にご相談下さい。また、私たちペイントホームズでは屋根塗装・外壁塗装の専門店として熟練の職人が確かな技術で行う手抜きなしの誠実な塗装工事はもちろん、お客様の目線に立った「お客様満足の追求」の為、お見積りやお問い合わせ後の『しつこい営業』は一切行いません。塗装の専門家が誠実にメリットもデメリットもしっかりとご説明致します。もちろん、ご納得頂けない場合はご契約して頂く必要もございませんのでお気軽にお断り下さい。私たちペイントホームズは、誠実で安心できる塗装工事を行っております。塗装に関する事なら些細なことでも他社様の事でも何でもお気軽にご相談下さい!